--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/02/17

ビエンチャンのメコン川沿い護岸工事

長々と続いておりましたビエンチャンのメコン川沿いの護岸工事ですが、
どうやら終了した模様です。。。

毎日夕方になるとナイトマーケットが始まります。ルアンパバーンのそれとは若干
趣が異なり、お土産物はもちろんですが、地元のラオス人向けの洋服なども販売。
また似顔絵を書いている人などもいます。

laos 1 laos 2
スポンサーサイト
2010/11/11

ビエンチャン チャオ・アヌウォン王銅像の除幕式 

11月7日(日)に、ランサーンホテル前のメコン川沿いにて、ビエンチャン王国
最後の王様「チャオ・アヌウォン王」の銅像の除幕式がありました。
ワット・シーサケートを建立した王様でもあり、現在でもビエンチャン市民の英雄として
崇められています。

チャオ・アヌウォン1 メコン川沿い4 InterCity前の通り
  ↑市民の憩いの場になりそう。↑小奇麗になったメコン川沿い。
2010/06/01

ラオスの携帯電話番号変更

2010年6月1日よりラオスの携帯電話番号が、7桁から8桁に増えることになりました。
携帯電話利用者急増による番号不足が原因かと思われます。

電話会社によって、追加番号が変わりますのでご注意ください。

ETL(イーティーエル)→ 頭に「2」を追加
020 2XXX XXX → 020 22XXX XXX 
020 3XXX XXX → 020 23XXX XXX
 
LTC(ラオテレコム)→ 頭に「5」を追加
020 4XXX XXX → 020 54XXX XXX
020 5XXX XXX → 020 55XXX XXX
020 6XXX XXX → 020 56XXX XXX

MLL(ティーゴ)→ 頭に「7」を追加
020 7XXX XXX → 020 77XXX XXX

STL(ユニテル)→ 頭に「9」を追加
020 8XXX XXX → 020 98XXX XXX
020 9XXX XXX → 020 99XXX XXX

なお、固定電話の番号には変更はありません。

他国の方にはわかりづらいと思うのですが・・・もともと、ラオスの携帯番号は、会社によって020(携帯電話の識別番号)の次の頭の番号が割り振られていたのですね。ETLなら2か3、ラオテレコムなら4、5、6、Tigoなら7・・・というふうに。それがさらにもう一つ付くというわけです。

そして・・・6月1日から変更になるという通達があったものの、実際6月1日になっても変わっておらず・・・??と思っていたところ、最初に変わったのはTigoとユニテル。ラオテレコムは6日に変更予定とのこと。ETLにいたっては未定とか・・・?

なんとも、ラオスらしいというか・・・
2010/04/05

カオニャオとラープ

代表的なラオス料理とはどんなものか。

まずはなんといっても「カオニャオ」。ラオス人の主食、もち米です。何はなくとも米はよく食べます。ちなみにうるち米のことは「カオチャオ」と言います。もちろんラオスでもカオチャオも食べられていますが、カオニャオのほうがよく食べられているみたいです。ラオス人は基本的にはカオニャオは手で食べます。

カオニャオは日本人にも大好評。特に赤いお米は赤飯のようです。ごま塩をお持ちになられた添乗員さんがいらっしゃいましたが、たしかにごま塩はカオニャオにぴったりです。ふりかけもいいけど、ごま塩ははずれなしですね。アクセントによろしいかと。

そして、ラオス料理の代表といえば、「ラープ」です。肉や魚にレモンやライム汁、レモングラス、香草などを混ぜて炒めた料理です。ミンチ状の場合は多いですが、レアだったり生の状態で和えることもあります。

一口大に丸めたカオニャオとラープを一緒に手で食べられるようになったら、あなたもラオス人です!もちろんフォークやスプーンを使って食べてもOKですよ、ご心配なさらずに。

ラープ
ラープとカオニャオ

タグ : ラオス料理

2010/03/27

もうすぐお正月

ラオスやカンボジアのお正月は4月です。ラオスの新年はピーマイラオといいます。仏教の暦に従うので毎年同じ日ではありあませんが、今年(来年?)のピーマイラオは4月14日~16日です。

中でも(おそらく)一番盛り上がるのはルアンパバーン。ピーマイの期間中から前後一週間くらいは毎日何かしらのイベントがあります。ミス・ルアンパバーンコンテストや選ばれたばかりのミス・ルアンパバーンのパレードなどもあり、大変盛り上がります。

また、タイのソンクラーンは有名ですが、ラオスやカンボジアでもこの新年は同様に水をかけあう習慣があります。カンボジアのツーリストエリアでは規制や自粛もあるようですが、ラオスではまだまだ盛大に水をかけあいます。去年ルアンパバーンで初めてこの水かけを体験したのですが、いやぁ、すごかったです。旅行者でも容赦なし。普段わりとおとなしい感じのラオス人も、こんなふうになるのかというくらい激しい水の応戦で、びっくりしつつも楽しかったのがつい昨日のようです。

この時期ルアンパバーンへいらっしゃる方は下記ご注意ください。

・ぬれたり汚れたりしてもいい服装で出歩くこと
・カメラや携帯は持ち歩かないか、ビニール袋で保護
・水をかけられるだけだと不愉快になるので、水をかけるほうに参加すると楽しい

このほか、大規模な托鉢や、普段は王宮博物館に保管されているパバーン仏像が一年に一度だけワットマイの境内にお目見えしたりと、イベントは盛りだくさん。ラオス国内からも人が来るので大変混み合いますが、見る価値はあります。みんなで一緒に水をかけあいましょう!

ミスルアンパバーン2009
2009年のミスルアンパバーン

タグ : イベント ルアンパバン ビエンチャン

記事検索

プロフィール

お問い合わせフォーム

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

アーカイブ

カテゴリー

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

訪問者数

テンプレート


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。