--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/05/19

ベトナム豆知識 トランジット時のベトナム入国に関して

ベトナム航空を利用してラオス・カンボジアなどへ渡航をされる場合のベトナム
乗り継ぎの際の一時入国に関してご案内させていただきます。
ベトナムではトランジット中のベトナム入国に一定の条件を設けております。

フライト乗り継ぎ時間による入国拒否判断基準
 乗り継ぎ時間が6時間以上の場合 ⇒ ベトナム入国が可能とされています。
 乗り継ぎ時間が6時間未満の場合 ⇒ ベトナム入国が不可とされています。

実際に入国ができるかどうかは入国管理局の判断となりますので、上記を
順守してもしなくても、入国できる場合とできない場合があります。
入国の可否は当社で判断できませんので、予めご承知置きください。

尚、乗り継ぎ時間が6時間未満の場合で入国を希望される場合、
有料ではありますが、事前に許可申請を行えば可能になる場合があります。
手配をご希望される場合はご相談ください。
スポンサーサイト
2012/02/25

ダナン新国際空港ターミナルオープン

2011年12月15日よりダナン新国際空港ターミナルの営業が始まりました。
従来のターミナルは使用せず、国際線・国内線ともに新ターミナルでの利用となります。
新ターミナルは従来のターミナルに隣接する場所にあります。
<施設紹介>
カフェ(WIFI利用可能)、レストランあり。
到着ロビー:1F(両替所、ATMあり)
出発ロビー:3F
10~22番カウンター:ベトナム航空国内線 エコノミークラス
23・24番カウンター: ベトナム航空国内線 ビジネスクラス
35番カウンター: ベトナム航空国際線(今後の予定)

Danan AP
2011/02/23

ハロン湾宿泊クルーズ船の沈没事故に関して

2011年2月17日、ベトナム北部の景勝地、
ハロン湾にて宿泊クルーズ船(ジャンク船)が沈没し、
乗客の一部が亡くなる事故が発生しました。

事故を起こした船は弊社では使用していない船会社(チュンハイ社)で、
主にバックパッカーが利用する可能性の高い船でしたが、
現在、同社のハロン湾での旅客運送は停止しております。

また今回の事故後、船上宿泊クルーズは18日、19日とも運航中止となり、
各社とも日帰りクルーズに変更して対応しておりましたが、
その間、ハロン湾で夜間営業を許可されている観光船(全166隻)の検査が順次行われ、
20日以降、宿泊クルーズ船の運航も再開されております。

通常の日帰りクルーズ船に関しましては運行に影響はなく、
通常通りハロン湾クルーズ観光が催行されております。

moz-screenshot-6.png
*弊社で利用している日帰りクルーズ船(HAILONG BOAT)イメージ(外観)

moz-screenshot-7.png
*弊社で利用している日帰りクルーズ船(HAILONG BOAT)イ メージ(船内)
2010/09/28

アセアン首脳会議に伴うハノイの状況予想

2010年10月、今年2回目のアセアン首脳会議の開催が予定されています。
会議開催期間は、一部の道路で通行規制が行われ観光に影響が出る場合が予想されます。
現在、具体的な通行規制は発表されておりませんので、
滞在中のお客様には柔軟に対応させていただく予定です。

<第17回アセアン首脳会議>
開催日程:2010年10月29日、30日、31日
ハノイの各デラックスホテルを中心に、手荷物検査などのセキュリティーチェックが行われると予想されます。

2010/09/25

ハノイ・タンロン城址が世界遺産に登録

7月25日~8月3日の期間、ブラジルの首都ブラジリアでに開催された国連
教育科学文化機関(ユネスコ)の第34回世界遺産委員会で、ハノイ市バーディン区
のタンロン城址(じょうし)が、ユネスコ世界文化遺産として公認されました。

moz-screenshot.png


タンロン城址は、ユネスコ世界遺産(文化遺産、自然遺産、文化・自然複合遺産)
としては900番目の公認遺跡と なります。
ベトナム国内には、これまでに公認された文化遺産3カ所(フエの建造物群、
ホイアンの古い町並み、ミーソン遺跡群)と自然遺産2カ所(ハロン湾、
フォンニャケバン国立公園)があり、これにタンロン城址が加わることで、
ベトナム国内の世界遺産は6カ所になります。

遺跡部分は2010年10月中旬以降より一般観光可能になる予定です。
現在のところまだ開館しておりませんが、見学が希望の場合は希望観光日を
事前に伝えた上、当日学芸員を伴うことを条件に一部観光が可能です。
(学芸員がいなければ入場できません。)
学芸員とは現地にて合流となります。

尚、観光手配に関しては突然許可が下りなくなる場合もありますので、
ご希望がございましたらその都度弊社まで確認いただけますようお願いします。
正式に観光できる状態になりましたらあらためてご案内申し上げます。

記事検索

プロフィール

お問い合わせフォーム

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

アーカイブ

カテゴリー

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

訪問者数

テンプレート


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。