--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/01/04

ボコー国立公園

プノンペン市内から約3時間半のところにあるボコー国立公園に行ってきました。
たいへん趣のある廃墟となった建物や山の上からの神秘的な絶景は必見です。

人面岩 古い建物 山の景色

山の上にはタンソワボコーハイランドリゾートというカジノホテルがあります。
各種設備が充実しており大変快適な宿泊施設です。

P1000802.jpg P1000800.jpg P1000821.jpg



スポンサーサイト
2012/09/25

シハヌーク・ビル;「ソン・サー・プライベート・アイランド」雑誌掲載

シハヌークビル港からボートで30分程に立地するルン島の北東部に浮かぶ
小さな島「ソン・サー(恋人)島」。
ここに立地するカンボジア唯一無二のラグジュアリー・プライベート・アイランド・
リゾート「ソン・サー・プライベート・アイランド」が、日本の雑誌・・・
THE DEPARTURES に掲載されました。
www.facebook.com/songsaa  <---こちらでチェック!
2011/10/24

シェムリアップ;バプーオン遺跡が入場観光可能に!

アンコール・トム内にあるバプーオン遺跡ですが、長らくの修復作業を終え、
2011年11月14日より入場観光が可能になりました。
これまでは、表の東塔門先の「空中参道」を渡るのみでしたが、今後は
裏側にある寝釈迦像(約70m)を間近にご覧いただくことが可能です。
2010/10/23

郊外遺跡「バンテアイ・トゥープ」ご紹介

アンコール五大遺跡の一つ「バンテアイチュマール」は、現在道も舗装され
シェムリアップから片道約2時間半で行けるようになりました。
今回は、バンテアイチュマール近くにある「バンテアイ・トゥープ」をご紹介。
{軍隊の砦}という意だけあり、かなり背の高い3つの祠堂が並ぶ。全く修復されて
いないので、遺跡はかなり崩れてしまっているが、なんとも言えぬ趣がある。

この寺院のみどころは、アンコール時代の木造の天井が残っていること。
天井には蓮の花が描かれている。アンコールワットには、一部コンクリートで
復元された天井がありますね。
アンコール遺跡には、このような木造の天井が残っているところはありません。
おそらくここだけでしょう。

s-P1060615.jpg s-P1060625.jpg
2010/10/21

アンコール・バルーン運行休止のお知らせ

当初、10月7日~16日(10日間)の予定で、バルーンのガス入れ替えの
ため一時運休となっておりましたが、メンテナンスが入った際に、バルーン
自体の入れ替えをする必要があると分かりました。

そのため約3ヶ月間を目処に運行をストップするとの連絡が入りました。
楽しみにされているお客様も多いバルーンなので、ご迷惑をお掛けします
が、ご周知のほどよろしくお願い致します。

記事検索

プロフィール

お問い合わせフォーム

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

アーカイブ

カテゴリー

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

訪問者数

テンプレート


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。