--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/09/28

アセアン首脳会議に伴うハノイの状況予想

2010年10月、今年2回目のアセアン首脳会議の開催が予定されています。
会議開催期間は、一部の道路で通行規制が行われ観光に影響が出る場合が予想されます。
現在、具体的な通行規制は発表されておりませんので、
滞在中のお客様には柔軟に対応させていただく予定です。

<第17回アセアン首脳会議>
開催日程:2010年10月29日、30日、31日
ハノイの各デラックスホテルを中心に、手荷物検査などのセキュリティーチェックが行われると予想されます。

スポンサーサイト
2010/09/25

ハノイ・タンロン城址が世界遺産に登録

7月25日~8月3日の期間、ブラジルの首都ブラジリアでに開催された国連
教育科学文化機関(ユネスコ)の第34回世界遺産委員会で、ハノイ市バーディン区
のタンロン城址(じょうし)が、ユネスコ世界文化遺産として公認されました。

moz-screenshot.png


タンロン城址は、ユネスコ世界遺産(文化遺産、自然遺産、文化・自然複合遺産)
としては900番目の公認遺跡と なります。
ベトナム国内には、これまでに公認された文化遺産3カ所(フエの建造物群、
ホイアンの古い町並み、ミーソン遺跡群)と自然遺産2カ所(ハロン湾、
フォンニャケバン国立公園)があり、これにタンロン城址が加わることで、
ベトナム国内の世界遺産は6カ所になります。

遺跡部分は2010年10月中旬以降より一般観光可能になる予定です。
現在のところまだ開館しておりませんが、見学が希望の場合は希望観光日を
事前に伝えた上、当日学芸員を伴うことを条件に一部観光が可能です。
(学芸員がいなければ入場できません。)
学芸員とは現地にて合流となります。

尚、観光手配に関しては突然許可が下りなくなる場合もありますので、
ご希望がございましたらその都度弊社まで確認いただけますようお願いします。
正式に観光できる状態になりましたらあらためてご案内申し上げます。

2010/09/23

クラチェの川イルカ

先日カンボジアのクラチエに川イルカを見に行ってきました。
クラチエ周辺には現在40頭前後の川イルカが生息しており、2頭で並んで泳ぐ
姿など、それはもう優雅にのんびりとしていて気持ちの良い光景でした。
自然のイルカを見たのは初めてでしたが、子供たちが「僕が呼んだらイルカが
近くに来た!」などとイルカと意思の疎通!?を楽しんでいたのが印象的でした。
2010/09/21

ビエンチャン LeCentral(ル・セントラル) フランス料理レストランご紹介

在住者にも人気のラオ・フレンチのレストラン、LeCentralをご紹介!
セタティラート通り沿いに立地しており、全50席の落ち着いた雰囲気のお店です。
おいしいワインとフレンチをお召し上がり頂けます。

コピー ~ DSCF2657 コピー ~ DSCF2660
2010/09/21

コンポンチャム訪問

先日カンボジア一!人口の多い州、コンポンチャムへ行ってまいりました。
ひろーい土地で、ありとあらゆる農作物の栽培が行われているこの地域は、
雨季の今、まさにすばらしい緑の世界!稲や野菜だけでなく、雑草まで青々と輝いてます。
車窓から長閑な風景を眺めているだけで、大変癒されました。
大河メコンの向こう側から朝日が登ってくるという、とっても素敵な光景も
見られるコンポンチャム、ゆったりのんびり癒されたい方にお勧めです!

記事検索

プロフィール

お問い合わせフォーム

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

アーカイブ

カテゴリー

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

訪問者数

テンプレート


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。